どんな人が住んでるの?

実際にシェアハウスに住んでいるのは、一体どんな人達が多いのか?ズバリ!

シェアハウスには本当に様々な人が入居していますが、比較的多く見られるのは以下のような人達です(これ以外の人だってたくさんいます)。

  • ごく普通の社会人(会社員)の人 *一番多数派*
  • SOHO等で、個人事業主としてお仕事をされている社会人の人
  • 海外での居住経験がある社会人の人
  • 欧米・アジア等からの外国人留学生
  • 観光やビジネス目的の数ヶ月〜数年の短期滞在外国人
  • 英語の勉強をしている社会人

基本的に社会人の単身者が入居者の圧倒的多数を占めています。職種・業種は全く様々で、これといった偏りは無いようです。

また、SOHOさんにとっては独りきりでずっと仕事を続けるよりも、部屋から出れば他の入居者との交流で気分転換ができるシェアハウスは、ナカナカに相性が良いのかもしれません。

海外での居住経験がある社会人も比較的多いのは、欧米などでルームシェア、シェアハウスが広く利用されていて、最初から入居に抵抗が無い人が多いためのようです。

稀に男性が多いのでは、学生さんが多いのでは、といった印象を持つ方もいるようなのですが、実際はシェアハウスの5〜6割程度の入居者は女性である場合が多くなっています。これはどうやら、一般に女性の方がシェア生活に対して抵抗感が少ないという事のようです。

SUMICAのパーティー写真
バウハウス南千住パーティー写真
ジェイ・アムズコート浅草のパーティー写真
WITH L 津田沼のパーティー写真

また、現状で日本人の学生さんは非常に少ないのが現状です。まだまだマイナーな住まい方ですから、親御さんが入れたがらないのかもしれませんね。生活感覚や生活時間帯に関連した課題等もあり、管理上、運営事業者さんの入居審査がなかなか通らない場合もあります。

外国人の入居者については、一般賃貸の物件と比較すれば比率はやや高めですが、通常は1割未満という場合が主流となっており、国際交流を重視した物件でも、最近では3,4割程度といった場合が多いです。やはりここは日本ですから、日本人の方が非常に多いという事ですね。

※もっと詳しく知りたい方は、統計資料の「第4章 入居者像」や「入居者インタビュー」をご覧下さい。

インタビュー画像
↑入居者インタビューの様子

外国人については「シェアハウスと外国人と英語」にまとめてありますので、そちらをどうぞ。

戻る

ログイン
CLOSE
SNSアカウントでログイン
ログインすることでお問合せフォームへの入力が簡単に。是非ご利用ください。
CLOSE

ご注意

  • 「オシャレオモシロフドウサンメディア ひつじ不動産」はウェブサイトの名称であり、社名・屋号ではありません。また、宅地建物取引業免許を有する不動産事業者ではありません。
  • 当社では特定物件の運営管理及び入居の仲介は行っておりません。特定の物件に関するご質問や入居に関するご質問は、サイト上のお問合せフォームから各運営事業者様宛てに直接お問い合わせ下さいませ。また、運営事業者様のご連絡先などのご案内は行っておりません。予めご了承下さいませ。
  • 個人情報保護については個人情報保護方針をご覧下さい。

PAGE UP