シェアハウスの防犯事情

初めて入居する時、ちょっぴり気になるのが防犯関係の事。何事にも絶対安全という事はありませんが、実際のトコロどうなの?

シェアハウスって、防犯事情はどうなっているのでしょうか?特に女性の方には気になる所ですよね。

まず、シェアハウスは外部からの防犯面では通常の1人暮らしよりも安全性が高いように思います。同じ建物の中で沢山の人が生活しているおかげで、内部が完全に留守になっている時間が少ないからです。人の気配がすれば泥棒さんも入りづらいはずですよね。

実際に「1人暮らしは防犯上心配で・・」という理由でシェアハウスへ入居している女性の方もいらっしゃるようです。最近では、特に都心部では外部へのセキュリティに強く配慮した物件が増えています。しかし、シェアハウスでは外部に対するセキュリティ以上に、内部のセキュリティも重要です。

シェアハウスでは一定期間ごとにある程度入居者が入れ替わってゆくのが基本です。運営事業者が一生懸命審査するとしても、やはりどんな人が入ってくるか分からないのも事実です。

見学時はしっかりした人だと思ったんだけど・・というのは案外良くあるケースです。人は見かけによらないものです(^_^;)。というワケで、特に男女混合の場合は自分の部屋の扉はもちろん、窓やベランダからのセキュリティはどうなのか、お風呂やトイレもちゃんと配慮されているか、といった所は見ておきましょう。

また、ドミトリーへ入居する場合、できれば鍵付きのプライベートロッカーが提供されている方が安心です。

ログイン
CLOSE
SNSアカウントでログイン
ログインすることでお問合せフォームへの入力が簡単に。是非ご利用ください。
CLOSE

ご注意

  • 「オシャレオモシロフドウサンメディア ひつじ不動産」はウェブサイトの名称であり、社名・屋号ではありません。また、宅地建物取引業免許を有する不動産事業者ではありません。
  • 当社では特定物件の運営管理及び入居の仲介は行っておりません。特定の物件に関するご質問や入居に関するご質問は、サイト上のお問合せフォームから各運営事業者様宛てに直接お問い合わせ下さいませ。また、運営事業者様のご連絡先などのご案内は行っておりません。予めご了承下さいませ。
  • 個人情報保護については個人情報保護方針をご覧下さい。

PAGE UP