早朝のお風呂に要注意

物件によっては、朝、シャワーを浴びる時に気を付けた方が良いポイントがあったりします。

古民家を改装して利用しているシェアハウスなどでは比較的起こりがちな事が、早朝の風呂戦争です。

大家族の方などは馴染み深いのかもしれませんが、入居者人数と比較して風呂の数が少ないと、朝の忙しい時間帯に利用時間がぶつかってしまう事がある、という事です。なぜ古民家を利用したシェアハウスで起こりやすいかと言うと、こういった所ではもともとあった風呂場だけを、シェアハウスになってからもそのまま使用しているタイプが多いからです。

もともと4,5人しか住んでいなかった家で10人以上(しかも、大抵は全員が働く社会人!)が暮らす事も珍しくないわけですから、共用設備の不足が起こり易いことは簡単に想像が付きます。ところが、実際には意外と起こらないのです。これは、おそらく一般家庭に較べるとシェアハウス入居者の生活リズムにバラつきがあり、共用設備を使用する時間帯がうまい具合にバラけるためだと思います。その証拠と言ってはなんですが、パーティーを行うとトイレの利用などは見事にぶつかります(当たり前です)。

この、通常はバラけている居住者の生活リズムが最もぶつかりがちな時間帯、それが早朝の時間帯です。ギリギリの計算で起床して一気に準備をして出勤、なんていう時に、飛び込もうとした風呂場に他の人が入っていると修羅場が生まれます(-''-;)。しかもその風呂に入っているのが、観光目的で短期滞在(1ヶ月とか)している外国人だったりすると最悪で、仕事もしていなかったりするので1時間ぐらい入っている事があります(別に外国人に限りませんが)。こうなると急いでいる側は遅刻してしまうので大声で急かしたりしますし、先に入ってる側も快適な風呂タイムを邪魔されてムッとしているしで、お互いに非常に気分の悪い思いをしてしまいます。

こういった物件では、予め運営事業者側で早朝の風呂利用に関するルールを決めてあるかどうかがポイントです。具体的には、「朝7時?10時までは、風呂利用は1人20分(または15分)まで!」といった形で制限してしまいます。これが守られていない、という報告が入居者からあれば、もちろん管理担当者が注意を促します(できれば特定の人に言わず、全体に向けて再度アナウンスしましょう)。これで、早朝の風呂戦争はかなり改善できるはずです。なお、洗面所でも同じ事がおこりがちなので、やはり同じようにルール設定をする事が必要になるケースもあります。

コイン式のように自動的に時間に制約が生まれる場合はともかく、そうでない物件でこういったルール付けが行われていない場合・・・お風呂の設置数にもよりますが、トラブルの発生は時間の問題と言って良いでしょう。こんな所でも、つくづく快適なシェアハウス生活は運営事業者次第なのです。

ひつじ不動産では物件全体の入居人数も、風呂やトイレの設置数も分かるようになっていますから、入居前に十分な設備提供がされているかどうか、チェックしておくと良いかもしれません。

ログイン
CLOSE
SNSアカウント認証でログイン
ログインすることでお問合せフォームへの入力が簡単に。是非ご利用ください。
CLOSE

全国シェアハウスを探す

ご注意

  • 「オシャレオモシロフドウサンメディア ひつじ不動産」はウェブサイトの名称であり、社名・屋号ではありません。また、宅地建物取引業免許を有する不動産事業者ではありません。
  • 当社では特定物件の運営管理及び入居の仲介は行っておりません。特定の物件に関するご質問や入居に関するご質問は、サイト上のお問合せフォームから各運営事業者様宛てに直接お問い合わせ下さいませ。また、運営事業者様のご連絡先などのご案内は行っておりません。予めご了承下さいませ。
  • 個人情報保護については個人情報保護方針をご覧下さい。

PAGE UP