LYKKE 小平

ID : 2597
シェアハウス探検隊

シェアハウス専門ポータルサイトのスタッフによる、シェア生活を楽しむための探検レポートブログ。東京、神奈川、千葉、埼玉、 そして全国各地のシェア賃貸住居をひたすら探検する専門ポータルサイトの隊員達。明日はあなたの物件へ・・・!?

晴れの日のとっておき

LYKKE 小平

2017/04/17

デッキチェアが置かれています。|1F その他

都心から離れ、手に入れる風景。

毎日たくさんの家を見ていますが、やっぱり家選びってとても大変。

立地、家賃、広さ、デザイン…。自分の理想の家を見つけるのは至難の技。そもそもそんな家あるのかしら?なんて、途中で心が折れたりもします。

なにかひとつでも、譲れる条件があったらいいのに。

ダイニングテーブルの様子2。|1F リビング

たくさんの条件のなかでも、譲ることによる効果が高いのはおそらく「立地」。場所にとらわれなければ、住まいの選択肢はグンと広がります。

そう思わせたのは、2017年春に完成した「LYKKE 小平」です。

ワークルームの様子2。|1F その他

ゆったりした広さの共用部と専有部、ワークスペースに充実の設備。

そして、この奥行きのあるテラスが何よりの魅力。

テラスの様子2。シェアハウスだけでなく賃貸の入居者さんも使用できます。|1F その他

晴れた日のテラスでは、都内とは思えないゆったりとした時間が流れます。

家に帰ってからの時間や休日は、のんびりと過ごしたい。そんな当たり前の欲求を、しっかりと満たしてくれる環境です。

たしかに、職住近接とはいきません。

でも、だからこそ手に入る風景は、やっぱりあるのです。生活コストだって都心より抑えることができるはず。そうして生まれた余裕で、趣味に没頭してみたり、新しい何かをはじめてみたりすれば、暮らしの質だって高まるかもしれません。

そうは言っても、小平駅から西武新宿駅は直通で最短26分ほど。本格的に身構えるほどではないとは思います。

引っ越す前には多少遠いと思っていた距離も、いざ住みはじめると慣れると言いますしね。

アーチ型の装飾がかわいらしいマンションが「LYKKE 小平」。

シェアハウスの外観。建物内はシェアハウス部分と賃貸部分があります。|1F 外観

隣地は現在(2017年4月時点)更地。広い敷地にポンと建っているため、遠くから見ても目立ちます。

玄関かと思いきや、こちらにあるのは集合ポストと宅配ボックスのみ。

集合ポストと宅配ボックスが設置されています。|1F ガレージ

2階と3階の入居者さんのポストも、一緒に設置されています。

玄関は、駐輪や駐車のできる、建物の脇にあります。

玄関の様子。|1F 玄関

ウッドデッキ風の小上がりの先に玄関ドア。コンクリートの階段を3段上ります。おそらく、思い切って飛び乗るにはすこし高すぎると思います。

近未来的なデザインのインターホンはカメラ付き。

カメラ付きインターホンの様子。|1F 玄関

入居者さんはナンバー式の電子錠で開閉できます。

えんじ色の壁がインパクトのある玄関。

玄関から見た内部の様子。ドアの先がリビングです。|1F 玄関

土間は広めで、自転車を持ち込めるほどの奥行きです(自転車は屋外の駐輪場に停めましょう)。

内部から見た玄関周りの様子。|1F 玄関

ひとり扉1枚分使える靴箱は、パンプスやスニーカーなら6足ほど収納できる容量。

靴箱の様子。|1F 玄関

棚板の高さを変えることができて、ブーツなどの背の高い靴もしまっておけます。

それでは、早速ドアを開けてリビングを見ていきます。

リビングのドアハンドル。|1F リビング

「リビングルーム」というより、廊下の延長のようにオープンなリビング。

リビングの様子。|1F リビング

大きな掃き出し窓と、配管も露出した高い天井がとても開放的。

どことなく倉庫に似た雰囲気だなと思っていたら、以前は駐車スペースだったそうです。

リビングの様子2。|1F リビング

今回の改装にあたり、住居用途に変更したとか。

奥はキッチン、中央はダイニング、手前はソファと、ゆるやかにゾーニングされています。

リビングの様子3。|1F リビング

カラフルでポップなデザインのソファも、広い空間では自然に馴染んでしまうから不思議。

ソファの目の前にはテレビが。

共用TVは壁掛けです。|1F TV

食後はソファでのんびりしながらドラマでも。

テレビはすこし高めの位置に設置されていて、ダイニングテーブルからも見えるようになっています。

ダイニングテーブルの様子。|1F リビング

テレビを見ながら食事ができるのは、なにかと便利だと思います。

なんだかスピーカーを連想させる照明もユニーク。

リビングのランプ。|1F リビング

日中はとても明るく、照明がいらないほどの日当たりですから、この照明が活躍するのはきっと夜。いいムードを演出してくれると思います。

シンクとIHヒーターのセットが向かい合った、アイランド式のキッチン。

キッチンの様子2。|1F キッチン

ステンレス製のスタイリッシュなデザインで、調理中の姿も絵になりそうです。

まわりをぐるりと囲めるため、何人かで同時に使うこともできます。

キッチンの様子。ステンレス製です。|1F キッチン

キッチンの対面には冷蔵庫やキッチン家電がずらりと並んでいて、調理中の移動も少なく済みます。

シンプルなスクエア型で、角ばったシンク。

シンクの様子。|1F キッチン

ひとり分の食器はもちろん、ボウルなどの調理器具をたくさん使ったときでも、シンクの中に置ける大きさです。

基本的な食器や鍋類は共用の棚や引き出しに収納されています。

食器棚の様子。|1F キッチン

フライパンや鍋類は引き出しに収納されています。|1F キッチン

はじめてのひとり暮らしで、調理器具はなにも持っていないという方でも、入居した日から自炊ができます。

生活に慣れてきて自分用の食器や調理器具を買ったら、専有部ごとの棚に収納。

ひとり扉1枚分食料などをしまっておけます。|1F キッチン

常温保管の食材や調味料も、棚の中にしまっておけます。

続いて、掃き出し窓からテラスに出てみます。

掃出し窓からはテラスに出られます。|1F その他

建物に沿ってつくられた、ウッドデッキのテラス。

テラスの様子。とても広いです。|1F その他

とても広々としていて、面積で考えると街中の小さな公園くらいはありそうです。

屋外用のテーブルや椅子、ハンモックも置かれていて、屋外で過ごす時間が増えるかも。

テラスの様子3。ハンモックもあります。|1F その他

休日にパンとコーヒーでブランチにしたり、デッキチェアで読書をしたり。暖かい時期は活躍するシーンも多いはず。

ちなみに、2階から上のフロアに住んでいる賃貸の入居者さんもテラスを使えるとか。

テラスの様子2。シェアハウスだけでなく賃貸の入居者さんも使用できます。|1F その他

賃貸の入居者さんとも雑談のできる間柄になっておくと、もっと家に愛着を持てそうです。

もしかしたら、マンション全体でのイベントも開催されるかもしれませんね。

テラスに面しているのは、リビングの掃き出し窓だけではありません。

ワークルームの入り口。賃貸の入居者さんも使えるスペースです。|1F その他

テラスから直接出入りのできるガラスドア。

ドアにはナンバー式のオートロックが取り付けられています。

外からアクセスするにはナンバーキーが必要です。|1F その他

聞けば、ドアの内側はテラスと同じく賃貸の入居者さんも使えるスペースだそう。早速ドアを開けて先へ進んでみます。

Y字型の不思議なテーブルに、オフィスチェア。

ワークルームの様子。|1F その他

ワークルームと呼ばれている部屋で、建物全体の入居者さんが自由に使えます。予約や事前連絡も不要で、気軽にフラリと立ち寄れるのはいいですね。

持ち帰った仕事や資格の勉強、趣味のPC作業など、使えるシーンはたくさんありそう。

ワークルームの様子2。|1F その他

自分の部屋はどうしても誘惑が多くて、やらなければいけないことに手がつかないものです。ワークルームならキチンと気持ちを切り替えることができそう。短時間で集中してやるべきことを終えれば、時間の有効活用にもなります。

なんと、入居者さん以外のゲストを呼んで、打ち合わせをするのもOKだそうです。

ワークルームの一角にはソファが置かれています。|1F その他

自宅で仕事をするフリーランスの方など、かなり重宝するのでは。

足元を見ると、話のネタになりそうなテーブルの脚。

テーブルの脚は車輪。|1F その他

テーブルだけでなく、ワークルームや建物自体をゲストの方が面白いと思ってくれれば、なんだか打ち合わせもスムーズに進みそうな気がします。

ワークルームには、その他にも自動販売機や、

自販機が設置されています。|1F その他

ウォシュレット付きのトイレも。

ワークルーム内にあるトイレの様子。|1F トイレ

わざわざワークルームを出たり入ったりしなくてすみます。便利。

そうそう、セキュリティ面もしっかり配慮されています。

ワークルームからシェアハウス部分に入るには、ナンバーキーの解錠が必要。

ワークルームは賃貸の入居者さんや入居さんのゲストも使用できるため、シェアハウス側に入るためのナンバーキーが設置されています。|1F その他

もちろん、シェアハウスの入居者さんのみナンバーを教えてもらえます。

シェアハウスの廊下からワークルームのドアを見ると、こんな感じ。

ワークルームの入り口。室内からもアクセスできます。|1F その他

簡単に入れるように、こちら側からはボタンひとつで解錠できる仕組みです。

ワークルームの奥へ進んでみると、もうひとつ部屋が。

ワークルームの奥にはゲストルームがあります。|1F その他

ソファとデスクが置かれた空間は、ゲストルーム。

ゲストルームの様子。友人や家族が泊まれます。ゲストがいないときは、ワークスペースの一部として使えます。|1F その他

事前に連絡すれば、入居者さんのゲストが宿泊できます。ソファの背もたれと肘掛けを倒すと、ベッドに早変わり。

シェアハウスの生活スペースとは分けられていて、お互いにセキュリティ面での心配もありません。

ゲストルームの様子2。|1F その他

ゲストのいない日は(基本的にはいない日が多いと思います)、ワークルームの延長として自由に使えるとのこと。

卓上ランプの様子。|1F その他

たまにはワークスペースではなく、ゲストルームのデスクで集中するのもいいかもしれません。

続いて、水まわり設備を見ていきます。

廊下の様子。右手が水まわりです。|1F その他

水まわり設備は大きく分けて2箇所。

ひとつはキッチンの隣に位置しています。

水まわり設備の様子。突き当たりのドアがバスルーム、左手がシャワールームです。|1F その他

正面にバスルーム、左手にシャワールームとトイレ、右手に洗面台の並ぶ構成。

脱衣室は窓がついていて、とても明るい空間です。

脱衣室の様子。|1F 浴室

ブラインドを閉められますし、窓自体もくもりガラスですからご安心を。

足を伸ばせるほど広々したサイズではないものの、ゆっくりバスタイムを過ごせるバスルーム。

バスルームの様子。|1F 浴室

1階のバスルームやシャワールームは、すべて男女兼用とのこと。

ちなみに、2階や3階には、4人でひとつの共用部をつかうユニットタイプの部屋もあります。ユニットタイプの部屋は男性専用または女性専用。男女兼用の水まわり設備が気になる方は、2階や3階を検討してみてもよさそうです。

隣のシャワールームはシンプルなつくり。

シャワールームの様子。|1F 浴室

男性はシャワー派の方も多いようですから、サッと浴びたいときにはこちらへどうぞ。

1階には、トイレが4箇所設置されています。

ウォシュレット付きトイレの様子。|1F トイレ

廊下の長い間取りですから、すべての部屋から遠くならないように考えられているとか。

さらに廊下を進むと、突き当たりはランドリースペースです。

廊下の突き当たりにランドリースペースがあります。|1F その他

洗濯機は乾燥機と分かれているタイプ。乾燥待ちで洗濯ができない…ということもありません。

ランドリースペースの様子。洗濯機と乾燥機の対面は洗剤などを置いておける棚があります。|1F ランドリー

洗濯機の対面に設置された収納棚に、自分のランドリーグッズを置けるようになっています。

間違えて使ったり使われてしまったりしないように、自分のボトルには名前を書いておきましょう。

洗濯機の横のクローゼットには、入居者さんが自由に使える掃除機やアイロンなどがしまわれています。

掃除機やアイロンなどが収納されています。|1F その他

特に週末は掃除をする入居者さんが多いもの。使い終わったら、すぐ元の場所に戻すのは鉄則です。

では、お待ちかねの専有部を見ていきます。

廊下の様子3。赤い壁側に専有部が並んでいます。|1F その他

まずは101号室。

専有部のサイン。(101号室)|1F 部屋

サインは筆記体のアルファベットで表記されています。

広さは7.7畳とゆったりめ。

専有部の様子。部屋は広めです。(101号室)|1F 部屋

東向きの101〜108号室は、おおよそ同じ間取りと面積ですから、スタンダードなタイプの部屋です。

備え付け家具に加え、さらに自分で持っている家具も置けるゆとりがあります。

専有部の様子2。(101号室)|1F 部屋

自宅ではゆったり過ごしたい方や、自分の時間を重視したい方にも良さそう。

クローゼットは若干コンパクトサイズ。でも、きちんとハンガーも掛けられます。

クローゼットの様子。(101号室)|1F 部屋

大きめのハンガーラックを置くスペースは充分ありますから、洋服をたくさん持っている方もご安心を。

南向きの110号室は、大きな掃き出し窓が付いています。

専有部の様子。南向きの部屋は窓が大きめです。(110号室)|1F 部屋

昼間なら、天井照明が点いていなくても、気付かないほどの明るさ。

朝が苦手な私でも、これならスッキリと起きられそうです。

専有部の様子2。(110号室)|1F 部屋

109〜111号室からは、共用で使うベランダに出られます。

ベランダの様子。(110号室)|1F 部屋

それぞれの部屋の前には物干し金具も設置されていて、外に洗濯物を干せるようになっています。

目の前は比較的交通量の多い通りですが、外からは物干し竿の見えない高さですから、あまり心配しなくても良さそうです。

111号室には、不思議な丸い窓が。

専有部の様子。(111号室)|1F 部屋

南向きの部屋は元々駐車場だったリビングとは異なり、居住用のスペースとして作られていたそうです。丸い窓はその頃の名残だとか。

まぁるい窓。(111号室)|1F 部屋

丸く切り取るだけで、途端に景色がドラマチックに。

普段ならここで終わり。でも、この建物にはまだ続きがあります。

テラスを抜けて建物の裏手に出ると、上階へ続く外階段が。

外階段の様子。|1F その他

2階と3階は大部分が賃貸で、3室だけユニットタイプの部屋があるとか。

ユニットの玄関ドア。|2F 玄関

さっそくドアを開けて、なかへ進んでみます。

玄関を開けると、奥へと廊下の続くファミリータイプの間取り。

玄関から見た内部の様子。|2F 玄関

実は、元々ふたつだった部屋をつなげて、ひとつの大きなユニットへと改装したそうです。

靴箱は全体を4人で使います。

靴箱の様子。|2F 玄関

ですから、置ける靴は1階よりもすこし少なくなりそう。入り切らない靴は専有部での保管となります。

リビングはコンパクト…と言っても、4人で過ごすなら充分な広さのスペースです。

ユニットのリビング。|2F リビング

ユニットタイプの3室は、どこも3人でひとつの共用部を使います。それぞれのユニットは男性専用・女性専用に分かれていて、最初に入居が決まった方の性別に合わせて、他の部屋を募集するシステムだそう。

ユニットタイプの入居者さんも1階のリビングを使えるそうですから、少人数と大人数、それぞれの良さを味わえます。

ユニットのリビング2。|2F リビング

ソファスペースとダイニングスペースは、きちんと分かれています。

ダイニングの奥がキッチンです。|2F リビング

これだけで、すこし生活にメリハリが付けられそう。ひとりだと、ついソファでゴロゴロしてしまいますし。

派手さはないものの、スタンダードで使いやすいシステムキッチン。

ユニットのキッチンの様子。|2F キッチン

4人なら収納スペースもしっかり確保できそうですし、作業スペースも広めです。

IHは2口。

IHヒーターは2口です。|2F キッチン

使い終わったら、フキンでサッとひと拭きするだけ。日々の掃除はとてもラクです。

家電や食器類、調理器具は1階と同じ備品が揃っていて、不便はなさそう。

キッチン家電の様子。|2F キッチン

カントリー風の収納棚がキュートです。

ユニットタイプの部屋は、3人でひとつの水まわり設備を使える点がメリットと感じる方も多いかも。

バスルームの様子。|2F 浴室

洗面台、洗濯機、乾燥機が設置されています。|2F その他

洗面台の隣がトイレです。|2F トイレ

バスルーム、トイレ、ランドリー、洗面台。すべて1階と同じ設備を使えます。

奥行きのある1階の部屋に比べて、ユニットタイプの専有部は横幅があるイメージでしょうか。

専有部の様子。掃出し窓からベランダに出られます。(203号室)|2F 部屋

落ち着いた色合いの203号室は、7.4畳。部屋の中央にスペースがあるせいか、より広く感じます。

屋根のあるベランダ付き。

ベランダの様子。(203号室)|2F 部屋

敷布団も掛け布団もまとめて干せる広さです。周りに高い建物がないのも良いですね。

最後に、間取りの異なるユニットをサッと覗いてみます。

3階にはふたつのユニットがあり、ひとつは2階のユニットとまったく同じ間取り。

もうひとつのユニットは、窓があるせいかすこし開放的で広く見えます。

ユニットのリビングの様子。|3F リビング

ユニットのリビングの様子4。|3F リビング

水まわり設備の様子。左から乾燥機能付き洗濯機、トイレ、バスルーム、洗面台と並んでいます。|3F その他

専有部の様子。(304号室)|3F 部屋

専有部の様子。(306号室)|3F 部屋

ユニットタイプが好きな方と、大きな共用部が好きな方は分かれそうな予感。自分に合った部屋をじっくり選んでください。

建物の脇が、自転車を停められる駐輪スペース。

自転車置き場の様子。バイクも停められます。|1F ガレージ

バイクは賃貸部分の入居者さんのものだそう。シェアハウスの入居者さんは一応自転車のみOKとのこと。

敷地内にはたくさん駐車スペースがあります。

駐車場の利用は別途管理会社と契約が必要です。|1F ガレージ

駐車スペースを管理しているのはシェアハウスの運営事業者さんではないそうで、別途管理会社さんと契約が必要とのこと。希望の方は、管理会社さんの連絡先を聞いてみてください。

最寄り駅は、各線・小平駅

各線・小平駅の様子。|1F 周辺環境

西武新宿線と西武拝島線が通っています。急行に乗れば、高田馬場まで22分、西武新宿までは25分とどちらも直通。国分寺も乗り換え込みで15分と、ターミナル駅へのアクセスはまずまずです。

駅の反対側には、25時まで営業しているスーパー・西友があります。シェアハウス周辺はあまりお店が無いエリアですから、日常の買い物は帰り道に西友で済ませておくのが良さそう。

駅の目の前は郵便局。

各線・小平駅前の様子。|1F 周辺環境

道行く人もどことなくのんびりしている、穏やかな雰囲気の街。駅を出た瞬間が、気持ちがオンからオフに切り替わるタイミングになりそうです。

シェアハウスの向かいには、小さな神社もあります。

シェアハウスの近くの神社。|1F 周辺環境

緑に囲まれていて良い雰囲気。つい立ち寄ってしまいました。きっと、夏にはもっと緑が濃くなっているでしょう。

運営管理を行うのは、株式会社イエノルールさん。

株式会社イエノルール

2017年4月現在、都内を中心に17棟を運営。17棟は規模も入居条件もタイプも様々で、そういった面でも経験豊富な運営事業者さんです。

いつもスーツ姿で現れるふたりの担当者さん。ふたりとも穏やかで物腰のやわらかい方です。男性はもちろん、女性でも安心して相談できると思います。

「LYKKE 小平」のオーナーさんは、改装前からルームシェアを受け入れたり、マンション共用のテラスを作ったりとユニークな取り組みをしてきた方だそう。

上階へは外にでてアクセスします。|1F その他

2階と3階の賃貸の部屋も、退去のタイミングでユニットタイプに改装していく可能性もあるとか。これからの進化も楽しみなところです。

テラスでハンモックに揺られたい方、在宅で仕事をしている方、「小平、いいかも」と思った方。お問い合わせはコチラからどうぞ。

ほっこりする風景をたくさん見つけられる小平。

小平市内には丸ポストが多数使われています。|1F 周辺環境

なんだか魅力的な街に思えてきませんか。

(テルヤ)

12 min.
小平駅
徒歩12分
OK
男性・女性募集中
外国人歓迎
9 / 20
個室 ¥43,000〜
2017年2月新規オープン!西武新宿線小平駅から徒歩11分。小平駅は電車で山手線高田馬場駅まで22分、西武新宿駅まで25分です。LYKKE(リュッケ)はデンマーク語で「幸せ」「喜び」を表す言葉。「LYKKE 小平」は、住む人それぞれの多様な幸せや喜びをサポート…
気になるシェアハウス、
とりあえずクリップ!

シェアハウスをクリップすると、マイページの一覧表示で比較可能に。クリップは保存されるため、気になるシェアハウスの最新の空室チェックにも便利です!

クリップ機能は、以下の各サービスでワンタッチ認証するだけで有効になります。

ログイン
CLOSE
SNSアカウントでログイン
ログインすることでお問合せフォームへの入力が簡単に。是非ご利用ください。
CLOSE

ご注意

  • 「オシャレオモシロフドウサンメディア ひつじ不動産」はウェブサイトの名称であり、社名・屋号ではありません。また、宅地建物取引業免許を有する不動産事業者ではありません。
  • 当社では特定物件の運営管理及び入居の仲介は行っておりません。特定の物件に関するご質問や入居に関するご質問は、サイト上のお問合せフォームから各運営事業者様宛てに直接お問い合わせ下さいませ。また、運営事業者様のご連絡先などのご案内は行っておりません。予めご了承下さいませ。
  • 個人情報保護については個人情報保護方針をご覧下さい。

PAGE UP