シェアハウスの外国人(2)

外国人ミックスなシェア生活。入居しているのは、一体どんな外国人の方が多いのでしょうか?

今回は、純粋に仕事で来日している人以外でシェアハウスに入居している外国人について見て行きます。

遊びに来ている人と、その中間の人

次に、遊びに来ている=観光目的で来ている人、ですが、その前に、中間の人がいます。つまり、基本的には遊びに来ているんだけど、アルバイト的に仕事を持っている人です。そもそも、日本では仕事の無い外国人に長期滞在のビザを発給しないのだそうで、1ヶ月以上シェアハウスで生活をする外国人のほとんどは、何らかの仕事を持っています

中でも一番多いのは、「外国語の教師」です。英会話教室などで外国語の教師をしている人達は、大抵は外国語の教師になりたいのではなく、若い内に世界を旅して、いろいろな経験をしたいと考えている、比較的裕福な人達です。そういった人達が日本にやってきて、高い家賃や生活費を工面しつついろいろな経験をするために選択するライフスタイルが、外国語の教師をしながらシェアハウスに住むという形のようです。人種としては日本国内の需要もあり、圧倒的に欧米及びオーストラリアなど、英語圏の国籍を持った人が中心となります。遊びに来ているからという事もありますが、全体的に社交的な人が多いのが特徴です。余談ですが、ハメを外しがちなのもこんな人達です(笑)。

純粋に遊びに来ている人は、大体1ヶ月程度までの滞在が殆どです。日本に来て、1ヶ月程度いろいろな所を見て回って、楽しく過ごしてから帰っていくか、別の国へと旅立ってゆきます。夏頃になると、こういった人達をチラホラ見かけるようになります。短期滞在もやはり欧米人が多いですが、こちらは英語圏に限らず、他の言語圏からの入居者の比率も高くなります。

留学しに来ている人

最後に留学生です。留学も国籍はバラバラですが、仕事絡みで滞在している人達の国籍に加え、韓国、台湾、中国といったアジアから来ている人達の比率が上がるのが特徴です。と言っても、大抵はアジア系の留学生は集団で1つの物件に入居しているケースが多く、日本人を受け入れている物件でこういった人達と生活をする機会はあまり多くありません。

以上、シェアハウスに入居している外国人について、何となくイメージできたでしょうか?外国人と言っても、一緒に生活すれば基本的に日本人と大きくは違いません。きちんとお互いに気を使って、楽しく生活して頂ければ、と思います。

ログイン
CLOSE
SNSアカウントでログイン
ログインすることでお問合せフォームへの入力が簡単に。是非ご利用ください。
CLOSE

ご注意

  • 「オシャレオモシロフドウサンメディア ひつじ不動産」はウェブサイトの名称であり、社名・屋号ではありません。また、宅地建物取引業免許を有する不動産事業者ではありません。
  • 当社では特定物件の運営管理及び入居の仲介は行っておりません。特定の物件に関するご質問や入居に関するご質問は、サイト上のお問合せフォームから各運営事業者様宛てに直接お問い合わせ下さいませ。また、運営事業者様のご連絡先などのご案内は行っておりません。予めご了承下さいませ。
  • 個人情報保護については個人情報保護方針をご覧下さい。

PAGE UP