シェアハウス探検隊

シェアハウス専門ポータルサイトのスタッフによる、シェア生活を楽しむための探検レポートブログ。東京、神奈川、千葉、埼玉、 そして全国各地のシェア賃貸住居をひたすら探検する専門ポータルサイトの隊員達。明日はあなたの物件へ・・・!?

朝日新聞で紹介されました。

2006/02/17

今朝(2/17)の朝日新聞の朝刊にシェアハウスに関する記事が掲載されたようです。

ひつじ不動産も、ちょっと紹介されました。

一日中外で動いていたので、ついさっき初めて記事を見ました。

記者の方から掲載予定を聞いてはいたのですが・・

扱い、でかっ!

いや、思ったよりも、ですが。

(一面の新聞ロゴのすぐ下にトピックス出てるし。)

記事内容としては大体正確だと思います。

シェアハウスの管理面など、僕らの強調したかった部分もきちんと

出てますし(これは良かった)。

あ、シェアハウス入居者の男女比は、おおよそ男4:女6、もしくは、丁度5:5ぐらいだと思います(自分の印象では)。記事では女性しか入居していないみたいに読めちゃうのですが、一般の方がシェアハウスの仕組みについてパッと聞いて思うよりも、かなり女性の比率が高い、という程度です。この点だけ、ちょっと微妙だったかな。

それともう1つ。確かにひつじ不動産はほとんど担当者だけで回しているに近い運営体制ではありますが(まだ予算も出てないし)、それでも社名は出して欲しかった(T-T)。ひつじ不動産は個人サイトではありません。あしからず。あ、ただし不動産屋さんでもありませんので、個々の物件への仲介業はやってません。入居希望者の方は、ひつじ不動産のサイトから直接各事業者さんへお問合せ下さいね。

あ、あともう1つあった(笑)。記事中のシェアハウス協会さんについては、現時点では一度準備会でおおまかな主旨説明を伺った程度で、僕らもまだ運営形態などに関する案内は頂いてないです(つまり、あまり良く知らなかったりする)。ただしゲストハウス協会さんに限らず、今後も業界全体の発展にきちんと中立的に貢献できるような枠組みの活動には、基本的にどこへでも喜んで参加させて頂きたいと思います(お呼びが掛かれば)。

という事で。

朝日新聞の記者さんからは取材方法、記事内容共にできるだけ現実に即した誠実な記事を書こう、という意思が伝わってきました。記者さんから見れば僕らは相当に青二才のはずなんですが(^_^;)、それでもこちらの話す事を熱心に聴く姿勢が凄いなぁ、と。まさにジャーナリスト宣言実践編(笑)。さっすがプロ。

(キタガワ)

ログイン
CLOSE
SNSアカウントでログイン
ログインすることでお問合せフォームへの入力が簡単に。是非ご利用ください。
CLOSE

ご注意

  • 「オシャレオモシロフドウサンメディア ひつじ不動産」はウェブサイトの名称であり、社名・屋号ではありません。また、宅地建物取引業免許を有する不動産事業者ではありません。
  • 当社では特定物件の運営管理及び入居の仲介は行っておりません。特定の物件に関するご質問や入居に関するご質問は、サイト上のお問合せフォームから各運営事業者様宛てに直接お問い合わせ下さいませ。また、運営事業者様のご連絡先などのご案内は行っておりません。予めご了承下さいませ。
  • 個人情報保護については個人情報保護方針をご覧下さい。

PAGE UP