シェアハウス探検隊

シェアハウス専門ポータルサイトのスタッフによる、シェア生活を楽しむための探検レポートブログ。東京、神奈川、千葉、埼玉、 そして全国各地のシェア賃貸住居をひたすら探検する専門ポータルサイトの隊員達。明日はあなたの物件へ・・・!?

すべすべフローリング

2009/05/30

フローリングの質感に注目。

今回のシェアハウス探検隊は「ゲストハウスオアゾ 富士見台」。

マンションの1室をシェアするタイプの女性専用物件です。

元々は分譲タイプの高級マンションだったこの物件。周りには長ーく住むつもりで購入された落ち着きのある方々がお住まいだと思いますので、ほどよく静かな生活が送れそうな予感がします。

マンションの管理人さんは常駐ですし、オートロックでセキュリティも高め。

という事で、早速探検に行ってみます。

いつものように、まずは外観からチェック。

東京都練馬区という事で、いまだ緑の多く残る地域です。

マンションなのに、三角屋根。ちょっと不思議です。

こちらがマンションの正面玄関。

屋根の素材感や色づかいが、ナカナカの重厚感を醸し出しています。が、せり出した部分に柱はありません。・・・大丈夫、落ちてきませんから。

高級マンションという事で、エントランスには管理人室が付いています。

正面のガラスの扉はオートロックです。で、右手に見えるのが管理人室。

オートロックの玄関が開いているのは、タイミング良くマンションの定期清掃が入っていて、清掃業者さんが出入りしていた為です。

いつもOPENなワケではありませんのでご安心を。

オートロックはナンバー式になっています。

不審者さんはここでシャットアウト。

幸いにも不審者ではありませんので、先に進めました。

敷地内に咲くピンクのつつじ。

メンテナンスや清掃はマンションの管理会社さんがしっかりと行ってくれているようです。

それでは、シェアハウスの入口へ。

良く見れば、玄関ドアの手前にちゃんとグレーの門扉も。

早速、玄関のドアをOPEN!

玄関のタタキを上がって真っ直ぐ続く廊下は、ラウンジへ直通。

足元のフローリングがしっかりしていて良い感じです。

廊下の左右に専有部や水周り設備が配置されているのですが、とにかくまずはラウンジでしょ、ということで奥の方へと向かってみます。

ばばん。

廊下の奥にはTHE・マンションなラウンジが。

久しぶりに見る、ブラウン管の大型TVが存在感あります。

こういう間取りの場合、振り向けばカウンター式のキッチンがあるのがマンションの常。

あれ?無い。

あっと発見しました!

という事で、早速見てみます。

システムキッチンはかなり珍しいグレーのカラーリング。

えらくシャープな印象です。こちらは女性専用物件ですが、ここに限っては男性受けが良さそうな気も。

吊り戸棚には、入居人数を考えても豊富な収納があります。

床下収納もしっかり使えますので、食材を買い込んで日々ガッツリ自炊したい方にも優しい感じ。

ちなみに洗濯機もココにあります。

実は風通しの良い専用の庭があるんです。

ラウンジ横の掃出し窓から、緑の見える庭へ簡単に出ることが出来ます。

物干し台もありますので、洗濯物を干す場合はこちらでどうぞ。

ぴちょんくんに会いたい時もこちらで。

続いて、水周り設備を探検。

脱衣室の洗面台には大きな鏡が。

バスルームはコンパクト。

バスルームのドアには金色に輝くドアノブが!

お次は専有部を見てみます。

まずは玄関を入って左手の1033号室から。

最低限の備品は揃っていますので、住むのに用意する物は少なくても平気そうです。

クローゼットも備え付けです。

続いてラウンジ隣の和室、1032号室をチェック。

この部屋は庭に面した掃出し窓があるのですが、窓側から見るとこんな感じ。

ちなみに、写真右手の襖を開けるとラウンジです。

試しに開けてみましょう。

ソファがどーん。

気が済んだので閉めます。がらがら。

部屋への出入りはこの襖から。もちろん鍵が掛かるようになっていますので、ご安心を。

ここで押入れの中に、掘りごたつ用の天板を発見。

そして設置。

・・・掘りごたつを使うときはこんな感じになります。

で、掘りごたつをしまうとこんな感じ。

押入れの下段には引出し式の収納があります。

窓の先は先ほどの庭になっています。

それでは、マンションのゴミ置場を見てみます。

ゴミ置場には、いつでも自由にゴミを出すことが出来ます。コレ、実はかなり便利です。

自転車置場はココとは別に、正面玄関横にもあったりします。

駐輪場は登録制(有料)です。

白線の枠内に収めて下さいませ。

最寄駅は西武池袋線富士見台駅

池袋までは準急に乗って14分。新宿へは練馬駅から大江戸線で、副都心線と有楽町線へも乗り入れがありますので、都心方向へのアクセスは良い感じです。

駅前のふじみ銀座には、ご近所さんが集う感じ。良きかな良きかな。

さて、「ゲストハウスオアゾ 富士見台」の運営を行うのは「有限会社オアゾ」 さん。

今回はマンションタイプの女性専用物件にチャレンジです。

ダンディな社長さんは、丁寧で気さくな対応をしてくれるはず。中国語や韓国語の対応も可能との事ですから、ワーキングホリデーで日本に来ている方にも細やかな対応が出来るのではと思います。

部屋数が少ないので、すぐに埋まってしまう可能性がありますので、お問合せはお早めに。

(サトウ)

ログイン
CLOSE
SNSアカウントでログイン
ログインすることでお問合せフォームへの入力が簡単に。是非ご利用ください。
CLOSE

ご注意

  • 「オシャレオモシロフドウサンメディア ひつじ不動産」はウェブサイトの名称であり、社名・屋号ではありません。また、宅地建物取引業免許を有する不動産事業者ではありません。
  • 当社では特定物件の運営管理及び入居の仲介は行っておりません。特定の物件に関するご質問や入居に関するご質問は、サイト上のお問合せフォームから各運営事業者様宛てに直接お問い合わせ下さいませ。また、運営事業者様のご連絡先などのご案内は行っておりません。予めご了承下さいませ。
  • 個人情報保護については個人情報保護方針をご覧下さい。

PAGE UP