シェアハウス探検隊

シェアハウス専門ポータルサイトのスタッフによる、シェア生活を楽しむための探検レポートブログ。東京、神奈川、千葉、埼玉、 そして全国各地のシェア賃貸住居をひたすら探検する専門ポータルサイトの隊員達。明日はあなたの物件へ・・・!?

GoGo豪邸!

2009/09/20

※こちらの物件は2011年7月より運営事業者が「株式会社レオパレス・リーシング」さんへと掲載変更されています。

と、いうような部屋もあったりする豪邸です。

今回のシェアハウス探検隊は、「Piche 町屋」。

それはもう、どこからどう見ても間違いなく豪邸がシェアハウスに変身しております。

余談ですが近頃、「不況である」という噂をチラホラ聞くのです。

個人的にはバブルや好景気を感じるような生活をしたことがないので特別どうという事も無いのですが、不動産の市場では部屋数が多過ぎたり、広過ぎたりする物件は相対的に賃料が高くなってしまうので、ナカナカ借り手が付かないんだそうな。

今回探検したPiche 町屋もまた、普通に家族で借りるにしても手に余る広さだったようです。

前置きが長くなりましたが、そんなこんなでシェアハウスとして生まれ変わったという事ですので、いつものごとく探検に参ります。

ちなみに、やはりいつものごとくメンズ組には申し訳無いのですが、女性専用物件です。

まずは外観から見てみます。

もうですね、建築家さんの漲る気合いがちょっとこぼれているぐらいの建物ですよ。

めちゃめちゃ強そうですし、堅そうですし。

多分ガンダムとか地下から出てきますもの。

でも玄関脇の駐車場が自転車置場として使える辺りは、超お金持ちの家の子が意外と庶民的で馴染めるヤツだった、的なそんな感じのエピソード。

で、個人的に玄関のドアはかなり好きです。

という事でアップでどうぞ(好きなので)。

玄関のドアは家を出るとき、帰ってきたときの毎日2回は見るワケですからね。

だから、少しぐらいやり過ぎかな?というぐらいでも良いと思うんです。

ちなみに鍵はナンバー・ロックのタイプ。

さて、ひとしきり玄関のドアを愛でたら、いよいよ中へ入ってみます。

どーも、お邪魔します。

白いです。

壁の絵はゴッホです。鏡にグリーンが映っていたりして、「癒し効果は倍増、風水的にもGOODです」とDr.コパなら言うところでしょう。

玄関を上がって左手にはラウンジ、見えているドアは両方専有部になります。で、まずは靴箱をチェックしてみます。

どーん。

普通の収納力。

いや、対面の鏡もOPENすると靴箱なので、実は収納力はかなりシッカリしています。

で、振り返って全体を見ると、こんな感じです。

それではラウンジへGO。

どどーん(今度こそ)。

うん。豪邸です。お金持ちな食卓です。

階段の造作なんかも一癖あったりします。

多分、お夕食はナイフとフォークですね。

それはそうと、エアコン脇からウニョーンと横に鏡が設置されてます。

もしかしたら鏡の効果で、広く感じちゃったりするかも知れません。

こんな所にも建築家さんの細かな気合いが。。

さて、ダイニング・テーブルの奥がキッチンです。

もちろんシステムキッチンでございます。コンロはガス式で3口。

シェアハウスとしての使い勝手をチェックしてみると・・

  1. カウンターを隔てたダイニングとの良い具合の距離感
  2. 広く立派で複数人数でも使い易そうな調理設備
  3. タップリ過ぎて始末に困るかもしれない程充実した収納

と、なかなかにポテンシャル高めのキッチンではないでしょうか。

ただし、調理機器は基本的な物のみ。

後は腕の方で何とか(もしくは持参を相談しましょ)。

続いて、キッチンの奥(と言うか脇)にある水周り設備を見てみます。

シャワー室やトイレは2Fにもあります。

良い具合に分散されていて使い易そうでした。

こちらはシャワールーム。

ココは後付けという事で、大理石張りなどではありません。残念。

別の場所にある1Fの洗面台とトイレもチェック。

リフォーム直後(2009.9)という事で、とってもキレイです。

入居される方は、今後も常にこの状態が目標、という事でどうぞ。

では、そろそろ専有部を見てみます。

まずは101号室へ。

庭に面していて開放感があります。

日当たり良好、広さも充分。

ベッド下には引き出し式の収納も。

庭の景色は抜群ですが、玄関からの目線が気にならない人向けの部屋かもしれません。

ミニ冷蔵庫とTV、デスクと、何かと備品は揃っています。

好みの分かれるトコロですが、部屋の鍵はナンバー・ロック式。

持ち歩く鍵が1つ減るのは良いトコロですよね。

お次はお隣の102号室。

飾り棚が特徴という事で。

107号室は壁が一面全部窓。

部屋から見える庭の緑は、何だか凄い事に。

東京でこれは、意外と贅沢なのでは。

さて、階段でテクテク2Fへ。

絨毯敷きの階段。

夜中でも音が静かです。セレブ仕様と言えます。

さて、2Fの廊下にはかわいい椅子が並びます。

こんな空間があると、何だか嬉しくなりますね。

使う使わないは別として・・いや、姿見はお出かけ前に覗くには結構良いかも。

水周り設備は2Fにも用意されています。

写真左手にはシャワールームが3つ並んでいます。

このように。

それでは、2F専有部を探検探検。

201号室をば。

ベランダに出ると、緑の庭が良く見えます。

フルハイトの窓の高さがやっぱりナイス。

ココも床は絨毯なので、ちょっとぐらい飛び跳ねても静かです(でも、やめましょう)。

続いて206号室。

この部屋も2面窓で明るさバッチリです。

朝は太陽に起こしてもらえそうです。

とにかく明るい部屋が多いのが、今回の物件の特徴ですね。

屋上もあります。

が、どう使うかは考え中だそうな。

入居したら色々提案してみて下さいな。

という事で、最後に最寄の町屋駅をちょいと調べてみました。

東京メトロ千代田線なら町屋駅から大手町駅までは10分ちょい。

なので、千代田線起点で都心へのアクセスはかなり良い感じです。

駅前には、チンチン電車の都電荒川線も元気に現役で運航中。和みます。

駅前は再開発もあり縦に伸びる建物もあったりしますが、基本的には昔ながらの商店街が横に広ーく長ーく展開しています。何とも味のある懐かしい感じの町です。シェアハウスの近くには、100円ショップやドラッグストアがあったり。

さて、今回探検した「Piche 町屋」を運営するのは「株式会社エービック21」さん。

2009年の5月にシェアハウス市場にデビューされた事業者さんですが、すでに4物件をOPENしています。

女性専用物件の割合が多いのですが、話した感じですと優しく応対してくれそうです。

さて、そんなこんなでズバリ豪邸、「Piche 町屋」。

ま、外観から感じるような気張った感じは殆どありませんので、気軽に見てみると良いのでは無いでしょうか。

便利な場所ですし、日当たりは良いですし、ラウンジもキッチンも階段も、やっぱりしっかり作られている建物は現地で見ると良いのです。

という事で、普通に結構良いじゃない、と思った方、コチラからまずはお問合せをどうぞ。

豪邸ならではなのは、このお庭。

婚活に終止符を打つ前に、本当に玉の輿を狙わなくて良いのかどうか、リアルに検討できるかもしれません。

(サトウ)

ログイン
CLOSE
SNSアカウントでログイン
ログインすることでお問合せフォームへの入力が簡単に。是非ご利用ください。
CLOSE

ご注意

  • 「オシャレオモシロフドウサンメディア ひつじ不動産」はウェブサイトの名称であり、社名・屋号ではありません。また、宅地建物取引業免許を有する不動産事業者ではありません。
  • 当社では特定物件の運営管理及び入居の仲介は行っておりません。特定の物件に関するご質問や入居に関するご質問は、サイト上のお問合せフォームから各運営事業者様宛てに直接お問い合わせ下さいませ。また、運営事業者様のご連絡先などのご案内は行っておりません。予めご了承下さいませ。
  • 個人情報保護については個人情報保護方針をご覧下さい。

PAGE UP