シェアハウス探検隊

シェアハウス専門ポータルサイトのスタッフによる、シェア生活を楽しむための探検レポートブログ。東京、神奈川、千葉、埼玉、 そして全国各地のシェア賃貸住居をひたすら探検する専門ポータルサイトの隊員達。明日はあなたの物件へ・・・!?

青山一丁目、駄菓子屋の隣

2009/09/07

お部屋もイロイロ。

今回のシェアハウス探検隊は「シェアハウス 銀杏」。

東京どまんなか、青山エリアにまたしても登場したシェアハウスは、最近よく見かける全室内装デザインの異なる専有部の構成。オープニングで入ると選ぶ楽しみがあって面白さ倍増かと思います。

ちなみに当初は男女OKという事で募集していたコチラの物件ですが、途中で方針を変え、現在は女性専用物件となっております。よって、勿論入居者さんは女性だけですので悪しからず。

ともあれ、探検に行ってみます。

最初はやっぱり外観からチェック。

青山と言うより、ちょっと自由が丘っぽさの漂う佇まい。

246号から少し入った所に建っていますが、いい感じに奥まっていますので、車の音は多分気にならないと思います。

その代わりと言っちゃ何ですが、撮影時は蝉が元気に鳴いていました。都心でこんなに蝉が元気な場所もそんなに無いですよね。

何気に緑が多いですからね、周辺に。

・・・はい。セミの音はちょっと気になります。でも今だけですから。

入口も奥まっています。

矢印の先が、正面玄関。

ガラスの扉を開け、階段で3Fまで上がります。

置いてある自転車は共用との事で、残念ながら自前のチャリは置けませぬ。

では、内部へ入ってみます。

少し渋めの玄関ドアを開けると・・

フローリングがツヤツヤ状態の内部空間がお出迎え。

撮影時(2009.8)はリフォーム直後という事で、クロスも真っ白で気持ちが良いです。

チラ見状態の水周り設備も気になりますが、まずは階段で4Fラウンジへ。

ちょいと期待をしつつされつつ、えいっ!と確認。

ばばん。青山なのに、広いっ!

ソファは面白いカラーリングだなと思っていたら、カバーのパイピングは特注なのだそうです。

凝ってます。

ブラインドはイエローという冒険色をチョイス。

全体的に落ち着いた空間になってますし、場所柄を考えれば広さも贅沢。なかなか過ごし易いのではないでしょうか。

キッチンの対面には、ちょいとこ洒落たダイニング・エリアがあります。

奥に見える掃出し窓の先は、小さなテーブルの置かれた共用のバルコニー。

外気に触れたいときはコチラへどうぞ。

続いてキッチンをチェックです。

シンク上の吊り戸棚は、個人用のストッカー・スペースに。

用意されたキッチンの備品には、相当のこだわり感が漂っております。

うーん。

1つ1つどうこうは言いませんが、料理好きなら見ればピンとくるはず。

おまけに、コーヒーメーカーはデロンギ製です!

続いて、水周り設備をチェック。

まずは4Fのシャワールーム。

ボディー部分にも噴射可能なスタイリッシュ系のシャワーユニットが付いております。

ちなみに玄関からチラ見しましたが、3Fにはしっかりとしたバスルームがあります。

こちらは脱衣室。

洗面台・洗濯機・乾燥機と、イロイロ集約されています。

浴槽もしっかり。バスタイムは結構楽しめそうです。

では、そろそろ専有部を見てみます。

個性的な内装が多いので、部屋選びも楽しいかも。

まずは301号室から。

収納は立派なクローゼットの他に、ベッド下にも収納があります。

ベージュのブラインドの向こうには、専用のベランダが。

ベランダからは、目の前に緑が見えます。

落ち着いた照明も、雰囲気を出しています。

この部屋は、夜は結構ダウンライトな空間になりそうです。

続いて302号室。

一転して、目の覚めるようなブルーの壁。

ホワイトとブルーで室内の備品を統一。

ブラインドだってブルーです。

お次は和室の401号室。

フローリングの真ん中がくり抜かれて、畳敷きになっております。

襖のカラーリングも何やら個性的です。

さて、それでは5Fへ。

撮影時は、運営する花実建設さんが撮ったという、やたら上手な写真が飾られていました。クオリティはプロ級と言えますので、興味のある方は是非チェックを。

で、5Fには2つの専有部があります。

はじめに見る501号室は、空の壁紙。

雲の壁紙と言うかも知れません。

ちなみに撮影している僕の背後に、専用のベランダがあります。

こちらは、今回おそらく一番スタイリッシュ寄りな502号室。

窓に掛かるブラインドはグリーンです。

ベランダも広く、3面の窓で日当たりも良好。

さて、5Fには洗面台がありますので、2Fのバスルームを誰かが使用中の場合はコチラへどうぞ。

掃出し窓の先には、こちらも共用のバルコニーが。

神宮外苑の花火は、ここからバッチリ見えるそうです。

洗濯機もしっかり鎮座。

洗濯機は7人で2台ですから、バッティングは少ないかと。

最寄駅は銀座線半蔵門線大江戸線青山一丁目駅

簡単にアクセスを紹介すると、新宿まで6分、渋谷が4分、大手町でも11分。

めちゃくちゃ都心ですから、かよわい女性でも山手線の内側なら自転車で35分程で大体リーチできそうです(かよわく無い人なら30分程でしょうか)。

さて、今回探検した「シェアハウス 銀杏」を運営するのは、「株式会社花実建設」さん。

主に建築と不動産賃貸業を行っているそうです。

社長さんは昔、プロを目指していたカメラマンだったそうで、物件の写真を撮る僕に対するプレッシャーはかなりのもの。

おかげ様で脇汗をかくほど、緊張しっぱなしの撮影でした。

今後も物件を増やしていきたいとのことで、今はシェアハウスに関して鋭意勉強中なのだそうです。困った事や要望には出来るだけ耳を傾けたい、という事ですから、何かと気軽に相談してもOKのようです。

という事で、青山に魅力を感じるお嬢様、お姫様、お問合せはコチラからどうぞ。

物件の1、2Fにはオシャレなダイニング・バーがOPENする予定です。

そしてお隣に建つ淡く黄色い小さな建物は、昔ながらの駄菓子屋さん。

100円玉で、ほのかな幸せが買えちゃいます。

(サトウ)

ログイン
CLOSE
SNSアカウントでログイン
ログインすることでお問合せフォームへの入力が簡単に。是非ご利用ください。
CLOSE

ご注意

  • 「オシャレオモシロフドウサンメディア ひつじ不動産」はウェブサイトの名称であり、社名・屋号ではありません。また、宅地建物取引業免許を有する不動産事業者ではありません。
  • 当社では特定物件の運営管理及び入居の仲介は行っておりません。特定の物件に関するご質問や入居に関するご質問は、サイト上のお問合せフォームから各運営事業者様宛てに直接お問い合わせ下さいませ。また、運営事業者様のご連絡先などのご案内は行っておりません。予めご了承下さいませ。
  • 個人情報保護については個人情報保護方針をご覧下さい。

PAGE UP