シェアハウス探検隊

シェアハウス専門ポータルサイトのスタッフによる、シェア生活を楽しむための探検レポートブログ。東京、神奈川、千葉、埼玉、 そして全国各地のシェア賃貸住居をひたすら探検する専門ポータルサイトの隊員達。明日はあなたの物件へ・・・!?

そこはかとなく、海外

2010/02/04

※こちらの物件は2010年7月より運営事業者さんが「チューリップ不動産」へと掲載変更されています。

大切なのは、どこで学ぶかではなく、何を学ぶか。

今回のシェアハウス探検隊は「Cozy Village bamboo」。

オーナーさんはシアトル(の田舎のほう)で暮らされていた経験がおありで、現在は丁度友人の英会話講師さんもお住まいとの事。

むむ、国際派が集まる住まいになりそうな予感・・ではありますが、実はそれよりも特筆したいのは、肩の力の抜けたセンスの良い空間作りの方。

ちなみに女性専用で、定員は5名です。

では、行って参りましょー。

まずは外観の様子を視察。

はい、カニみたいです。

この建物内の4世帯(たったの!)の内、2Fの1室がシェアハウスです。

インターフォンはカメラ付きで少し安心感アリでしょうか。

では、玄関をOPENしてみます。

エントランスはシックな雰囲気。

左手には天井一杯の大きな靴箱があります。

大きめの姿見も置いてありますので、外出時には何かと便利です。

さて、右手のステップを上がると、ラウンジへ出ます。

床座ラウンジの真ん中には、アジアン・リゾート風なテーブルが。

元気いっぱいのグリーンも存在感があります。

・・・造花ですけど。

個人的には共用PC前のスツールが、かなりツボ。

キャメル色のレザーには、型押しされた象が沢山。

独特な風合いで、海外土産の雰囲気がプンプンします。

ローテーブルでPC操作というのも、何だか情緒があって不思議です。

さて、ラウンジをベランダ側から見るとこんな感じになっています。

南窓で日当たり良好。ポカポカ過ごせそうです。

コルク・ボードの裏手がキッチン、右手のドアが201号室、ラウンジの入口ドアを出て左が202号室という、ちょっと変則的な間取りです。

丁度上の写真の立ち位置で、後ろを振り返るとバルコニーがあります。

物干し竿が渡されていて、しっかりと洗濯物を干せるようになっています。

2Fという事もあり、まずまず視界も開けています。

正面の家の尖がった屋根がステキです。

こちらはキッチンの様子。

ラウンジからは、一度扉を出てから回り込んで辿り着きます。

導線的には少々微妙ではあるのですが、ま、集中して料理に専念できるという部分もあります。

そして、そんな料理好きの要望に応えるように、何とも立派なシステムキッチンとなっています。

ガスコンロも3口。思う存分、料理の腕を振るえる環境です。

食器類はシンクの下に収納してあり、吊り戸棚は各入居者用のストッカーとなっています。

キッチン家電については、電子レンジとオーブン、炊飯器と、スタンダードに揃っていて欲しいようなモノは、きっちりと揃えてあります。

ゴミ箱も分別種類別に、5つ用意。

ランドリー・スペースはキッチン脇に設けられていて、乾燥機のみコイン式となっています。

ちなみに洗濯機の横には、アイロンにアイロン台、そして共用の掃除器具等が置いてあります。

続いて水周り設備を見てみます。

洗面台の横には、洗面用具を置くことができます。

洗面台は脱衣室に設置されていますが、脱衣スペースはカーテンで仕切られていて、別の入居者さんが入浴中でも使えるようになっています。

浴室も浴槽も、かなりゆったりとしたサイズです。

こちらは、お手洗い。

しっかりウォシュレット付きです。

では、そろそろ専有部をチェックしておきましょう。

まずは201号室から見てみます。

ラウンジに面した専有部、窓は南向きでご覧の様に日当たり良好。

この角度からだと、僕の背中がラウンジで、左手の青い壁の裏側がキッチンです。

なので、多少の生活音には寛容になれる方が望ましいかも知れません。

201号室だけは備え付けのクローゼットや押入れは無し。

代わりに、ベッド下に引出し式の収納があります。

収納量はこのぐらいです。

お次は202号室、和室です。

この部屋は、押入れの収納力が半端ではありません。

幅も高さもあるので、ドラえもん6人位はいけそうです。

この202号室以外は、全てフローリングの専有部になります。

続いては203号室。

シンプルです。小さなドレッサーが備え付けられています。

ちょっとレトロな雰囲気の照明も、部屋の雰囲気に馴染んでいます。

そして、何と言ってもこの収納。

洋服や荷物の多い人でもきっと安心でしょう。

最後に204号室を。

壁の1面がピンク色です。

やはり収納力も、この通り。

尚、204、205号室は、実はサッシが二重になっていたりします。

理由は、線路に隣接しているから。

電車が通過した時に、振動と音を確認してみましたが、個人的には大して気になりませんでした。

ただし、こういう事は人それぞれの感じ方はがありますので、必ず現地で確認される事をオススメします。

なお窓は北向きとなりますが、サイズが大きいので意外と明るいかも。

ちなみに、クロスは立体的です。

そう言えば、駐輪スペースも付いてます。

他に停まっているのは高級そうな車ばかりですが、このスペースは自転車とバイク専用でOKです。

但し、駐輪に関しては事前申請が必要との事。

最寄駅は西武新宿線新井薬師前駅。

西武新宿までは13分、JR山手線への乗換えを行う高田馬場駅までは10分。都心!とか、便利!とは言いませんが、マズマズではないかと。

自転車があれば、中野ぐらいまでなら通えそうです。

城西エリアならドコでも30分程度で行かれる感じかと。

新井薬師駅までは徒歩6分。

商店街を抜けるので意外と近くに感じます。

駅周辺は飲食店も多いですし、親しみやすい、とても生活感のある街並みでした。

さて、今回探検した「Cozy Village bamboo」を運営するのは「Cozy Village」さんです。

何でも高校を卒業されてすぐに、アメリカでの生活を始められたとか。

友人の英会話講師の方もお住まいという事ですから、自然と英語に触れる生活になるのかもしれません。

海外暮らしのようなノリで生活していきたい方には、魅力的な環境になると思います。

という事で気になった方、お問合せはコチラからどうぞ!

個人的には押したいテイストです。

(サトウ)

ログイン
CLOSE
SNSアカウントでログイン
ログインすることでお問合せフォームへの入力が簡単に。是非ご利用ください。
CLOSE

ご注意

  • 「オシャレオモシロフドウサンメディア ひつじ不動産」はウェブサイトの名称であり、社名・屋号ではありません。また、宅地建物取引業免許を有する不動産事業者ではありません。
  • 当社では特定物件の運営管理及び入居の仲介は行っておりません。特定の物件に関するご質問や入居に関するご質問は、サイト上のお問合せフォームから各運営事業者様宛てに直接お問い合わせ下さいませ。また、運営事業者様のご連絡先などのご案内は行っておりません。予めご了承下さいませ。
  • 個人情報保護については個人情報保護方針をご覧下さい。

PAGE UP