シェアハウス探検隊

シェアハウス専門ポータルサイトのスタッフによる、シェア生活を楽しむための探検レポートブログ。東京、神奈川、千葉、埼玉、 そして全国各地のシェア賃貸住居をひたすら探検する専門ポータルサイトの隊員達。明日はあなたの物件へ・・・!?

営業活動

2005/04/19

午前中はアポ日付を調整中の某老舗事業社様と電話でお話。

新物件が決まって来週忙しいとの事。。ガーン。

ひつじ不動産の広告戦略を訊かれ、毎回だけど、広告戦略はウチの最大の差別化要因だと思っているので、あまり歯切れ良く答えられず。僕らはフリーター経験が結構あるので、フリーターさんの生活を知っていて、だから彼らに対する広告は他とは違うやり方を思いつくんです、というお話をさせて頂きました。代わりに展開予定の企画を幾つかお伝え。企画の内容は気に入っているが、サンプルサイトがあっさりし過ぎでイメージが沸かないとの事。冷静に見直して見た所、ごもっともでした。もう少し何とかした方が良いですね。

午後はシェアハウス業界ではこれまた結構老舗と言える某社を訪問。

物件が良い感じ

こちらはシェアハウスを「外人ハウス」と呼んだ方が通りが良かった頃から運営しているという事なのだけど、本当にその雰囲気は「外人ハウス」。雑然とした感じが凄く気に入ってしまいました。まだ部屋や設備は見ていないのですが、こういう所、入って生活してみたいですね。本当に。

自分がこういう仕事をしてしまうと、入居者としては住みづらくなるのがツライ所。昔から秘密基地マニアだからかもしれないですが、シェアハウスを見に行くのって本当に面白いんですよね。入居を迷っている人は、とにかく一度見学に行ってみる事をオススメします。そこからいろんな事が始まるかもしれませんから。本当に。

で、広告関係のお話。やはり日本人入居者の比率がかなり増えてきているとの事。年を追うごとに外国人比率は減っているとか(昔は8割が外国人だったとか。まさにガイジンハウス)。僕らの姿勢やサービス内容を説明して(内容がハッキリしていない部分もそのままお伝えして)、今回はご登録頂く事に!有難うございます。良い入居希望者さんを沢山連れて来れるように頑張ります。

夜は溜まっていたメモの処理を(最近の分だけ)何とか片付ける。

そして社長に連絡。またお手数掛けます。すいません。

さて、メモが片付いたので明日からまたシステムを作っていきます。

ログイン
CLOSE
SNSアカウントでログイン
ログインすることでお問合せフォームへの入力が簡単に。是非ご利用ください。
CLOSE

ご注意

  • 「オシャレオモシロフドウサンメディア ひつじ不動産」はウェブサイトの名称であり、社名・屋号ではありません。また、宅地建物取引業免許を有する不動産事業者ではありません。
  • 当社では特定物件の運営管理及び入居の仲介は行っておりません。特定の物件に関するご質問や入居に関するご質問は、サイト上のお問合せフォームから各運営事業者様宛てに直接お問い合わせ下さいませ。また、運営事業者様のご連絡先などのご案内は行っておりません。予めご了承下さいませ。
  • 個人情報保護については個人情報保護方針をご覧下さい。

PAGE UP