シェアレジデンス 青葉台

ID : 2514
シェアハウス探検隊

シェアハウス専門ポータルサイトのスタッフによる、シェア生活を楽しむための探検レポートブログ。東京、神奈川、千葉、埼玉、 そして全国各地のシェア賃貸住居をひたすら探検する専門ポータルサイトの隊員達。明日はあなたの物件へ・・・!?

スピニング&酸素カプセル

シェアレジデンス 青葉台

2017/05/08

前方2台の自転車は、前面のモニターを見ながらプレイします。|1F その他

新たな趣味の、きっかけに。

 

TVで見かけた、気になるなにか。

TVの様子。レトロ風ですが、しっかり映ります。リモコンも使用可能です。|1F TV

観ようと決めていた番組ではなく、なんとなくつけたTVに映った、どこかの国の風景。どこに興味を持ったのかはわからないけれど、チャンネルは固定されたまま。好奇心はますます膨らみ、ネットでその国を調べ始める始末。

なにかにピンときて、うごきはじめる好奇心。

DJセットの様子。毎週日曜日にはサンデーディスコと題して、クラブイベントが行われるとのこと。|1F その他

好奇心は無理矢理ひねり出すものではなく、無意識に動きはじめるものです。ともすると、ピンとくるものには自分が必要としている何かが詰まっているのかもしれません。

多種多様な共用部を持つシェアレジデンス 青葉台。TVをザッピングするように見て行きたいと思います。

 

 

東急田園都市線青葉台駅より徒歩10分ほど。

東急田園都市線・青葉台駅の様子。|1F 外観

駅からシェアハウスまでは、大通りで一直線。普段はスマホの地図を使用しても道に迷うのですが、今回は問題なくたどり着くことができました。

5F建ての建物が、シェアレジデンス 青葉台です。

シェアハウスの外観。|1F 外観

92部屋全てに、ミニキッチンや3点ユニットが用意された1K型のシェアハウス。

表玄関は、大胆なサインの下の大きなガラスドア。

玄関の様子。|1F 玄関

いわゆる風除室(ふうじょしつ)を挟んで、奥にさらに自動ドア。

玄関から見た内部の様子。鍵は設置予定とのこと。正面がミュージックラウンジです。左手がポストです。|1F 玄関

左手には、集合ポストが専有部ごとに設置されています。

ポストの様子。ポストは専有部ごとにスペースが決められています。ポストの対面には宅配BOXが設置されています。|1F 玄関

ポストの脇には宅配BOX。

宅配BOXの様子。|1F 玄関

ネット通販は便利ですが、ひとり暮らしでは荷物の受取りが難しい課題。宅配BOXがあれば、安心して外出ができます。

 

自動ドアを抜けると、複数台の自転車が目の前に。

ミュージックラウンジの様子。ドアの先がリビングです。|1F 玄関

トライアスロンがテーマのシェアレジデンス 青葉台。自転車は飾りではなく実際に乗車しトレーニングをすることが出来るのですが、後ほどゆっくりと。

奥の茶色いドアの先のリビングへと移動します。

 

食事が楽しみになりそうな、ユニークな設計のリビング。

リビングの様子。奥がソファスペースです。|1F リビング

照明の調光に照らされる1枚板のカウンターキッチンは、なんだか美味しい料理が出てきそう。奥の方には、ソファも用意されています。

窓辺のソファ席は魅力的。

ソファスペースの様子。|1F リビング

天気の良い日にソファへ身を預けると、日差しがポカポカと身体全体を包み込みます。大いに油断して昼寝してしまうのも、また良いものです。

ソファに腰掛けると、こんな感じ。

ソファスペースの様子2。ソファの脇にはレトロ風のTVが設置されています。|1F リビング

アンティーク調のTVの上には掛け時計、脇にはVESPAと、古いものの良さを愛でたくなる空間です。

TVをつけるとこんな感じ。

TVの様子。レトロ風ですが、しっかり映ります。リモコンも使用可能です。|1F TV

アンティーク調ですが、映像の比率は16:9。バスター・キートンモンティ・パイソンの映画を映せば様になりそうです。古い映画が、ますます好きになるかもしれません。

 

ソファ席の隣には、ダイニングテーブル。

TV側から見たソファの様子。奥がダイニングテーブルです。|1F リビング

僕は普段は和食中心なのですが、これなら洋食を楽しんでみたいと思える雰囲気。

ダイニングテーブルの様子2。対面はカウンターテーブルです。|1F リビング

古民家で飲む日本茶が美味しいように、洋食が美味しいと感じさせる空間が、新しい食生活に目覚めるきっかけになるかもしれません。

カウンターテーブルはL字型です。

カウンターテーブルの様子。|1F リビング

椅子の間隔に余裕があり、食事中に隣の人と手がぶつかるようなことは無さそう。まぁ、そのときは照れながら謝りましょう。

カウンターテーブルには、電源端子が設置されています。

カウンターテーブルには電源端子が設置されています。|1F その他

10年前と比べ、充電する機器がなにかと増えました。食事しながら充電できることは、ありがたいの一言に尽きます。

 

キッチンはカウンターテーブルの奥。

カウンターテーブルの様子3。奥がキッチンです。|1F リビングキッチンの様子。|1F キッチン

深いシンクです。

シンクの様子。|1F キッチン

深さのある鍋を洗うのには、うってつけのサイズ感。シンクが浅いと水が跳ねますから。

ガスコンロは業務用です。

2口ガスコンロの様子。ガスコンロは業務用の火力です。|1F キッチン

見た目の良さを楽しむだけでなく、プロの火力を豪快に使いこなしたいものです。

コンロの下にはオーブン。

ガスコンロの下はオーブンが設置されています。|1F キッチン

イメージするのは、鳥の丸焼き。きっと作って楽しく、食べて美味しいと思います。

 

カウンターテーブルの対面には、トイレが用意されています。

冷蔵庫側から見たカウンターテーブルの様子。正面がウォシュレット付きトイレ、右手が防音室です。|1F その他

トイレは専有部ごとにも用意されていますが、共用部にもあります。いちいち専有部へ移動せずに済むのは便利かもしれません。

 

トイレの脇の黒のドアは、防音室。

防音室の様子。電子ピアノと電子ドラムが置かれています。|1F その他

電子ピアノの様子。|1F その他

室内には電子ピアノと電子ドラム。見よう見まねで手を出してみるのも面白そう。

 

さて、表玄関から見えた自転車の設置された部屋は、アスリートラウンジと言います。

スピニングスペースの様子3。|1F その他

バイク・エクササイズが楽しめる、スピニング専用のバイクが設置されています。トライアスロンにチャレンジしたい入居者さんは、プロのランナーによる専門トレーニングも受講できるそう。

ペダルの重さが調節できて、初心者でもチャレンジしやすいとか。

スピニング用の専用バイクは8台設置されています。シェアハウス内にはプロの駅伝選手がインストラクターとして常駐しているとのこと。|1F その他

とは言っても、正直大変そう…身体を動かすことが苦でない人には良さそうですが、習慣になっていない人には、続けるために、もう一手(いって)が欲しいところ。

そこで。

アスリートラウンジには、なんとDJブースが設置されています。

スピニングは、DJの流す音楽に合わせて、行うとのこと。|1F その他

DJブースの背面にはジミ・ヘンドリックスのポスターが飾られています。|1F その他

音楽に合わせてスピニングすれば、気分もノッてきそうです。

ジミヘンかどうかはさておき、音楽を聴きながらランニングをすると集中力が増すことがあるように、楽しみながら身体を動かすことができる仕組みは、魅力的です。

 

身体を動かす楽しい仕組みは、もう一手(いって)用意されています。

前方2台の自転車は、前面のモニターを見ながらプレイします。|1F その他

自転車を漕ぐとモニター内の景色が連動して変わる、ZWIFTという名のアプリ。モニターは、MACに表示されたものと自転車に取り付けられたものが2台ずつ。

プレイ画面の様子。オンラインで繋がっているため、世界中の人と24時間レースをすることができるとのこと。|1F その他

後方2台の自転車には、モニターが設置されています。|1F その他

そうそう、これこれ。こういうのを待ってたんです。

身体を動かすことに抵抗を感じる僕のような人は、ゲーム感覚で楽しめる装置があることで、一気に手を伸ばしてみたくなります。オンラインで世界中の利用者と競い合えるとのことで、ペダルを漕ぐ足にも熱が入りそうです。

連動する自転車は、スペシャライズド社のもの。

スペシャライズド社の自転車の様子。|1F その他

ツール・ド・フランスでも使用された、1974年創業の老舗メーカーです。

ゲーム内の坂道に合わせてペダルの重さが変化する、Wahoo社の装置。

Wahoo KICKRの様子。丘を急降下するコースなど、実際に屋外のロードでサイクリングしているように再現することができるとのこと。 |1F その他

丘を急降下するコースなど飽きの来ないコース設計で、いつまででも遊んでいたい気持ちになります。

楽しいと思えれば、きっとこれから先も長続きしていくはず。気がつけば、毎日の日課になっているかもしれません。

 

アスリートラウンジのZWIFTスペース対面には、ソファが用意されています。

ソファから見たTVの様子。TVはマントルピースの上に設置されています。|1F TV

自転車を漕いで疲れたら、休憩も必要です。

休むときも、徹底的に。

マッサージチェアで全身の疲れを癒したり、

ソファスペースの様子。手前にはマッサージチェアが用意されています。|1F その他

酸素カプセルに入って、呼吸を整えたり。

リラックスルームの様子。酸素カプセルが設置されています。|1F その他

身体機能のコンディショニングの他、アンチエイジングにも効果があると言う酸素カプセル。身体を動かした後に限らず、使用してみるのも良さそうです。

 

さて、酸素カプセルの部屋から外へ出ると、紫色に輝く看板が。

リラックスルームの隣に、スナックの看板のようなものが見えます。|1F その他

昭和の時代には、マンションの1室に、この手の色の看板と共にスナックがよくあったものですが、シェアレジデンス 青葉台には今も実在しています。

往年のスナックの名として有名な、カラオケスナック「来夢来人」。

看板には往年のスナック、来夢来人の文字。|1F その他

ディテールにもこだわりがあり、期待に胸が膨らみます。

すこし緊張した手つきでドアを開くと現れる、暗闇の中のまばゆい光。

中に入ると完全にスナックです。スナックでは、カラオケや食事をすることができます。|1F その他

時代が昭和へさかのぼった錯覚に陥る空間です。

スナックと切っても切り離せない、ママの存在。

バーカウンターの様子。入居者さんが日替わりでママをするとのこと。棚にはウイスキーが並んでいます。|1F その他

希望する入居者さんにやってもらおうかなぁとのこと。なかなか体験できないことですから、ピンと来た方は是非。

ミニキッチンで、ピーナッツをバターで炒めてみたり。

シンクとIHクッキングヒーターの様子。|1F その他

カウンターに立ち、入居者さんの話に耳を傾ける。

ママの仕事を通じて、今までと違った世界に目覚めるかもしれません。

 

さて、スナックと言えばカラオケです。

スナックの様子2。|1F その他

スポットライトを一身に浴びて、ステージで歌いましょう。

はりきってどうぞ。|1F その他

カラオケボックスでは、到底体験できない気持ち良さ。会社の忘年会に備え、ステージ馴れしておくのにも良さそうです。

 

共用部で刺激的な時間を体験をした後は、専有部でゆるやかな時間を。

ブックスペースの様子2。自動ドアの先が廊下です。|1F その他

廊下にズラリと並ぶ専有部。

廊下の様子。|1F その他

101号室から見ていきたいと思います。

1K型の専有部は、1部屋1部屋がマンションのドアのよう…

専有部の玄関ドア。外廊下に面しています。(101号室)|1F 部屋

いえ、実はマンションのドアです。

玄関から内部を見ると、靴箱が設置されています。

玄関から見た内部の様子。1Kの間取りです。右手に靴箱が設置されています。(101号室)|1F 部屋

扉2枚分の靴箱は、10足ほどは収納できそう。

ドアの脇には、洗濯機の設置スペースも用意されています。

玄関の脇に洗濯機置場があります。(101号室)|1F 部屋

各フロアの共用部にコイン式の洗濯機も用意されていますが、専有部内に設置してしまえば生活導線は短く、楽になりそうです。

ミニキッチンも全室に設置されています。

ミニキッチンの様子。(101号室)|1F 部屋

シンクとIHクッキングヒーターがひとつずつ。

シンクとIHクッキングヒーターが並んでいます。(101号室)|1F 部屋

手間をかけたい大掛かりな料理は1Fで、簡単な料理は専有部でと自在に使い分けができるのも、ワンルーム・マンション型の良いところです。

シンクの上下には収納スペース。

シンクの上には吊り戸棚が設置されています。(101号室)|1F 部屋

シンクの下に収納が設置されています。(101号室)|1F 部屋

上には洗い終えた食器を置いておき、下には鍋やフライパンを収納しておくと使い勝手が良さそうです。

水まわり設備は、トイレと洗面台とバスルームの3点ユニット式。

水まわりは3点ユニットです。(101号室)|1F 部屋

まぁ、正直言って料理には共用キッチンがお勧めですが、衣食住を専有部内で完結させて共用部で身体を思い切り動かしたり気持ちよく歌ったりと、好みに合わせて自由にライフスタイルを設計することで、生活にハリが出るかもしれません。

部屋はプレーンなつくり。

専有部の様子。掃き出し窓からベランへ出られます。(101号室)|1F 部屋

共用部が割と派手な分、プレーンさから生まれる清潔感が気持ちを和らげてくれます。

収納も充分な容量。

専有部の様子2。全室、収納付きです。(101号室)|1F 部屋

1シーズン分くらいの洋服なら掛けておけそうですが、入り切らない分は、新たに収納を用意するのも良いかもしれません。

掃き出し窓からはベランダへ出られます。

全室、ベランダが用意されています。(101号室)|1F 部屋

物干し金具が設置され、洗濯物を干すことができるのも、ありがたいところ。 

 

他フロアへの移動は、エレベーターと階段のどちらでも。

階段の様子。|2F その他

朝の忙しい時間帯にエレベーターが来なくてイライラするくらいなら、階段でサササと降りる方が楽かもしれません。

 

5Fのエレベーター前。

エレベーターの様子。エレベーターの脇には洗濯機と乾燥機が設置されています。|5F その他

洗濯機と乾燥機は全フロア、エレベーターの脇に設置されています。コイン式のため、使用時は財布をお忘れなく。

最後に505号室。

専有部の玄関ドア。(505号室)|5F 部屋

つくりは、全室同じタイプです。

玄関の脇には、洗濯機の設置スペースと靴箱。

玄関から見た内部の様子。(505号室)|5F 部屋

玄関の脇に洗濯機置場があります。(505号室)|5F 部屋

靴箱の上のスペースを生かして植物を置くと、部屋にやわらかさが生まれそうです。

ミニキッチンと3点ユニットも、101号室と同じ配置です。

ミニキッチンの様子。(505号室)|5F 部屋

水まわりは3点ユニットです。(505号室)|5F 部屋

寒い日には、時間を気にせずバスルームでゆったりできるのも、ワンルームマンション型の良いところ。

ミニキッチンや3点ユニットも合わせ、約11畳の専有部。

専有部の様子。(505号室)|5F 部屋

ソファや冷蔵庫を置いても、スペースに余裕がありそうです。

ほぼ全ての専有部が、南向き。

専有部の様子2。(505号室)|5F 部屋

部屋に観葉植物を置いてみると、成長の早さに驚くかもしれません。

 

駐輪場は、表玄関の脇に用意されています。

駐輪場の様子。|1F ガレージ

駅まで10分ほどと歩ける距離ですが、緑の多い上品な街を自転車でゆっくり走るのも気分転換に良さそうです。 

 

最寄り駅は、東急田園都市線青葉台駅

田園都市線の急行・準急も停車する駅です。二子玉川駅まで17分、渋谷駅までは29分。平日は渋谷駅から深夜バスも出ています。2017年4月現在では夜中の1時過ぎまで運行していて、残業で終電を逃しても家へ帰ることができそうです。

シェアハウスの近所には、24時まで開店しているスーパーマーケット。

近所のスーパーの様子。|1F 周辺環境

食料品から生活用品まで幅広く扱うスーパーが近所にあることは、生活をする上で安心感がグンと増します。

夜から開店している居酒屋さんも立ち並んでいます。

夜から開店する飲み屋さんもたくさん。|1F 周辺環境

写真にはありませんが、帰りに立ち寄った老夫婦の切り盛りをする食堂もすぐ近く。昔ながらの店構えに、目移りする多様な定食。料理の美味しさと親切な店員さんに、なんだかホっとしました。

 

シェアハウスの運営管理は、株式会社シェア・デザインさん。

株式会社シェア・デザイン

東京・神奈川を中心に20軒以上のシェアハウス運営の実績を持つ、老舗の運営事業者さんです。

撮影当日には、社長さんをはじめシェア・デザインさんのスタッフの姿が。シェアハウスの中を、ひとつひとつ嬉しそうに説明してくれる社長さんの姿が印象的でした。

自慢のラウンジに、自慢のスナック。

どれもこれも華やかで目を惹く空間。同じく華やかに見えるスタッフさん達ですが、話してみると、とても真面目です。ひとつひとつ丁寧に受け応えをしてくれる気遣いが感じられます。

撮影を終えた帰り際、ラウンジにスタッフが集まり、DJブースや自転車を調整していました。その姿は、まるで文化祭の前夜のよう。シェアハウスでこれからはじまる、楽しい日々を象徴しているようでした。

そうそう、金曜日の夜には音楽イベントが開かれるとのこと。

音楽にトライアスロン。 ピンと来たら、コチラからどうぞ。

 

流れていく日々の暮らしのなかで、目に止まる物事があります。

ジミヘンは1stアルバムの「Are You Experienced」のみしか聴いておらず、割と素通りに近い形で現在に至っています。ですが、今回ジミヘンのポスターを見て何かがピンと来たようです。

頭の中のイメージとポスターとの間にギャップが生じたせいでしょうか。とにかく家へ帰り、1stアルバムを改めて聴いてみました。

当時は素通りしたものが、新たに耳にしたことで聴こえ方が違ったといったら大げさでしょうか。意識して手を伸ばしたことで、耳を傾ける準備ができたのかもしれません。

世の中には、ピンと来て体験してみると楽しいことが、たくさん用意されています。

ピンと来るものがあったら、いい歳になったからこそ手を伸ばしていきたいと思います。

(イイヅカ)

10 min.
青葉台駅
徒歩10分
OK
男性・女性募集中
外国人歓迎
4 / 92
個室 ¥48,800〜
過ごしやすいと人気の横浜青葉エリアに92戸と大型物件ながらも全室水回り付きでプライベートを重視!街を見下ろす眺めの良い4〜5Fでは2名入居も可能!共用部は目的によってロビー&ライブラリー・ダイニング&キッチン・ミュージックラウンジと分けられ、ス…
気になるシェアハウス、
とりあえずクリップ!

シェアハウスをクリップすると、マイページの一覧表示で比較可能に。クリップは保存されるため、気になるシェアハウスの最新の空室チェックにも便利です!

クリップ機能は、以下の各サービスでワンタッチ認証するだけで有効になります。

ログイン
CLOSE
SNSアカウントでログイン
ログインすることでお問合せフォームへの入力が簡単に。是非ご利用ください。
CLOSE

ご注意

  • 「オシャレオモシロフドウサンメディア ひつじ不動産」はウェブサイトの名称であり、社名・屋号ではありません。また、宅地建物取引業免許を有する不動産事業者ではありません。
  • 当社では特定物件の運営管理及び入居の仲介は行っておりません。特定の物件に関するご質問や入居に関するご質問は、サイト上のお問合せフォームから各運営事業者様宛てに直接お問い合わせ下さいませ。また、運営事業者様のご連絡先などのご案内は行っておりません。予めご了承下さいませ。
  • 個人情報保護については個人情報保護方針をご覧下さい。

PAGE UP