シェアリーフ 西船橋 Gracenote

シェアリーフ 西船橋 Gracenote

【内覧会のお知らせ】

毎週土曜日に完全予約制の内覧会を開催中!(所要時間は約1時間です)

9:00-15:00の間で完全予約制となりますので、参加ご希望の場合は事前にお問合せ下さい。

内覧会の都合がつかない方には、平日も個別対応にて内覧を行っております。

刺激と開放感を堪能する、とある休日
120畳オーバーのメインラウンジ、完全防音スタジオを3室完備。まるでリゾートスタジオのような贅沢なスペックのシェア住居「シェアリーフ西船橋 Gracenote」は、続々と音楽ピープルが集まっているのだそう。この夏、年末に企画するライブイベントに先駆け納涼会が開催かれました。今回はそのイベント・パーティの模様をお送りします。

ライブとセッション。スタジオ付きならではの納涼会。

7月中旬。雲の切れ間に青空がのぞく気持ちいい天気。外気温はじわりと汗ばむ夏らしい暑さも、エントランスに入ると一転心地よい環境に。無機質な内装がいっそうクールな印象です。

この日は、アコースティックライブを楽しみながら、氷とワイン&ビールで涼を感じる納涼懇親会にはじまり、地下の大スタジオを使ってのライブ演奏、楽器体験ワークショップというプログラム。その後、入居者さん有志によるパーティが開催されました。

納涼懇親会の会場は1Fの多目的ルーム、通称“ RED ROOM”。 120インチの特大スクリーンとライブ可能なミニホールが備わった空間です。パーティホールに相応しい深紅のカーテンを前にすると、グラスもいつもより輝いて見えます。

用意されたアルコールもあっという間になくなります。自然とはじまる音楽トーク。参加したイベントの話や、最近発掘したアーティストの話で盛り上がるリスナーもいれば、楽器の練習法を語るプレイヤーもちらほら。随所ではじまる密な話も、英国のライブバーのような空間ではサマになります。

熱量を帯びるクロスオーバーなセッション

乾杯も束の間、ステージではアコースティックライブがはじまりました。ギタープレイヤー・ジャズドラマーの入居者さんも演奏に参加。音楽好きといっても、入居者さんのバックグラウンドはロック、ハードロック、ジャズ、ポップスなど十人十色。ラフセッションは緊張する場面はありながらも、プレイヤーさん自身普段あまり接しないプレイスタイルに触発されたのか、熱量のある刺激的なステージとなりました。

地下スタジオではプロの方を交えたライブ・ワークショップが開かれました。一幕の演奏を終えたところで、その場にいるオーディエンスを含めてのメンバーシャッフルの号令が。場にいた全員がドキリとしながらも実は演奏に参加したい、そんなウズウズした気持ちがスタジオを包みこみます。

演奏ってこんなに楽しいんだ!

はじめてドラムやベースに触れたという人も、プロによる適切な指導もあってか基本パターンの演奏であればプレイ可能に。そして、セッション。楽器経験の有無に関係なくプレイヤー全員がハツラツとした顔で演奏終了。「演奏ってこんなに楽しいんだ」という声まで挙りました。

プロによる楽器演奏ワークショップは定期的に開催しているのだそうです。楽器初心者はもちろん、経験者も「自分でも今まで知らなかったプレイスタイル」を引き出してもらえるとのだとか。

世代に関係なく夢中になれる音楽の話

キッチンに戻ると、入居者さん有志のパーティがはじまっていました。コの字のキッチンの中では飲食店の厨房のようにテキパキと調理が進みます。次々と完成する料理と手慣れた動作から、料理に精通した入居者さんもいるのではないかと予想 。キッチンのいたるところで、料理が同時進行していました。

夜のキッチンは、レストランのような大人のムードが漂います。料理が進行する様子を眺めながら立ち話をする人も。20代と40代のドラマーさんがちょうどドラムのプレイスタイルで話が盛り上がっているところでした。

話題は、「20代前半でもローリングストーンズに夢中になるし、40を過ぎてからサンプリングに凝りはじめることもある」という深いテーマにへと進展。まるで同級生同士が話しているかのような光景には、「音楽に年齢は関係ない」という言葉がぴたりとハマります。世代に関係なく夢中になれる音楽の話。きっと、今宵も熱い音楽トークが繰り広げられているにちがいありません。

運営担当者が語る『シェアリーフ 西船橋 Gracenote』のツボ

第一恒産株式会社
須藤様 二之宮様

日本土地建物が提供する第2弾シェアハウス『シェアリーフ 西船橋 Gracenote』は、Grace(上品な、美しく飾る)+Note(音符)=装飾音符 という単語に思いを込めました。上品に飾られた安らぎのある建物を、入居者さまの発する個性や音楽で装飾して作り上げていく。そんなシェアハウスの提供をめざしています。

共用部のインテリアコンセプトは「アーバンスタイリッシュ」。 デザイナー監修のもと、高品質でホテルライクな内装・家具を選定したことで、くつろぎと安らぎを感じていただけます。

価値あるひとり暮らしの場をご提供している『DKハウス』を運営する私どもが、好みのジャンルやこだわりの大小に問わず、だれでも『音楽』を通じて入居者様同士の様々なコミュニケーションが生まれるお手伝いをしてまいります。



戻る